花魁豆知識No.14☆

花魁豆知識No.14☆

こんにちは!いつもブログ閲覧ありがとうございます(^^♪

毎度花魁豆知識ブログ担当大原です!!!

 

 

昨日の台風21号の猛威は凄かったですね~~

皆様は被害など大丈夫でしたでしょうか?

皆様がご無事なことをお祈りいたします(+_+)

 

昨日9月5日は花魁studio雅も台風接近に伴いお休みをいただきました。

 

25年ぶりの最強台風と知ってはいたのですが

まさかここまで酷いとは想定していませんでした。。。。

今日、お店に向かうもJRが動いてなかったので

徒歩30分先の阪急電車まで歩いていたのですが

大阪の街がもうゴーストタウン状態でして!!

 

信号はひん曲がってたり、そもそも機能していなかったりで

車は大混雑。街の地面には帯だたしいゴミと

色んなお店の看板や屋根が散乱しておりました。

 

樹木も根こそぎ倒れているのもしばしば。。。

 

自然災害の脅威は本当に怖いと実感致しました。

 

ここで小話なのですが

ベランダに置いている荷物

引き上げた方が良いか迷っている最中

台風直撃!!!!

 

私の自宅マンションのベランダにお隣の刺客(ハンガー)が侵入。

毎度台風の度に送られてくる刺客達(ハンガーたち)。

不謹慎ですがまた侵入してきたで!!!(笑)と笑っていたその瞬間に

窓ガラスとマンション全体が揺れ、バーーーーンと凄まじい音が鳴ったと思ったら

ベランダのパーテーションが崩壊してました!!!!

しかも両隣のベランダとコンニチハ状態に!!!

 

そしてベランダに置いていた荷物はいずこに!?!?!?

無い!!!!!

 

焦りましたね~何故なら置いていた荷物の中には

日本髪のカツラの箱が!!!!もし箱の蓋が開いて隣の人の

ベランダにあったら、人間の頭やと思われてビックリされるやろうなと

思ったからです(+o+)!!!!

 

申し訳なさすぎて

チャイムを鳴らしに行ったら

「予想外の物すぎてめっちゃ面白かったっす!!!」って言ってカツラを

持って来てくださりました。。。。(笑)優しいぃぃ

 

案の定、カツラは見事にオープン状態で

隣のベランダにいてたそうです。。。。(笑)

 

不謹慎すぎますが、、、ちょっとした

面白小話でした。。。(笑)

 

いつもの倍前置きが長くなりましたが!!!

切り替えまして!!花魁豆知識No14!!参りましょう!!!

 

前回の花魁豆知識No.13でもお伝えしましたが

今回フォーカスする豆知識はズバリ!!花魁や遊女達が日々過ごす

妓楼(お店)の構造についてご紹介していきたいと思います!

 

一体当時の建築技術でどんな店内だったのか!!気になりますよね~!!

 

「妓楼の基本構造」

妓楼は大見世、中見世、小見世共に二階建てです。

中庭を取り囲むように建てられ中庭には木々も植えられていました。

 

建物の造りは豪壮で、随所に贅を尽くしていました。

表通りに面した部分には太い紅殻格子が設けられていました。

遊女の部屋や宴会の座敷などはすべて二階にあり

登楼したお客はまず会談を登り二階に上がる仕組みになっていました。

 

一階は楼主、下級遊女や禿(カムロ)、各種奉公人の生活の場ですが

ほとんど仕切りはありませんでした。

登楼する客は入り口を入った途端

台所や内所が丸見えだったので、まず妓楼の裏舞台を目にする事になります。

 

現代の感覚では商売の内容にしては、あまりに造りが開放的だったのですが

これには訳がありまして、当時は電気が無かったので仕切りをすると

昼間でも内部は真っ暗になったしまうからです。

 

そこでできるだけ外の光を取り入れて仕切りを無くしたのです。

 

表通りから妓楼を見るとまず目につくのが張り見世です。

格子の内側に遊女がズラリと居並んでいて

客は格子越しに眺め、品定めをする仕組みになっていました。

 

妓楼の一階はまず入り口の通路を進み暖簾をくぐると

広い土間になっていて土間の一角は井戸になっていました。

 

土間の奥には階段があり、階段のすぐそばに楼主がいる内所がありました。

 

内所はさまざまな訪問客を応対する部屋でした。

内所の上部には縁起棚があり、男根の形をした金精神が祀られていました。

 

内所の他に、台所や便所、内風呂、下級遊女と禿の雑魚寝部屋

お針部屋、昼間行灯を収納しておく行灯部屋がありました。

 

日当たりも風通しも悪い場所にある行灯部屋は

病気になった遊女を寝かせておく事もあるし

金を払えない客を監禁しておく事もありました。

さらには遊女の個人的な色事の場として用いられる事もありました。

 

妓楼の二階は遣手部屋(会談を登ってくるお客の品定めや、遊女の動きを監視する部屋)

引付座敷(初会客と遊女の対面と盃を取り交わす部屋)

宴会用の部屋とお客用の便所、廻部屋(個室を与えられている遊女の部屋が満室の時に

用いる部屋。混んでいる時は相部屋になる事もあった)

 

他はすべて遊女達の個室でした。

 

今回の花魁豆知識はここまで!!!!

だいぶ端折り端折りで書きましたが、なんとなく構造が

お分かりいただけたでしょうか!?

 

次回の花魁豆知識は吉原の中で働く各種商売人の方々に

フォーカスしてご紹介していきたいと思います(^^♪

ご期待くださいませ☆!!!

 

また当店のInstagramではご来店いただいた

お客様のお写真を毎日更新させていただいております( *´艸`)

よろしければ、こちらもご覧くださいませ♪

 

https://www.instagram.com/oiran.miyabi/

 

ではでは!!大原がお送り致しました~~~!!!