【廓言葉】あなたはいくつしってる?本当に使われていた花魁言葉

【廓言葉】あなたはいくつしってる?本当に使われていた花魁言葉

華やかで豪華絢爛の世界で生きていた花魁。

そんな花魁が使っていた言葉というとどんなものを思い浮かべますか?

今回は本当に使用されていた花魁言葉をご紹介します。

華やかなで煌びやかな世界。花魁が使っていた言葉とは?

花魁の言葉遣いは映画やドラマなどで一度は耳にした方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな花魁の言葉についてご紹介していきます。

花魁言葉が生まれた理由

 

 

花魁言葉は他にもたくさん

 

 

花魁言葉は別名“廓言葉”と言い、遊女たちの出身を隠すために使われていました。

元々、花魁言葉とは京都の“島原遊郭”で用いられていた言葉でしたが、後々江戸の“吉原遊郭”にも用いられるようになりました。

なぜ“吉原遊郭”で花魁言葉が用いられるようになったのかというと、遊女たちの訛り言葉を少しでも品よくさせるためという説があります。

どうしても地方から来る遊女が多かったので、少しでも言葉遣いに品格を持たせ、多くのお客を得るために遊女たちに覚えさせたようです。

聞いたことがある?有名な花魁言葉!

聞いたことがある?有名な花魁言葉!

花魁言葉で有名なのは「ありんす」や「わっち」ではないでしょうか。

「ありんす」は語尾につけて用いられていました。

意味としては「あります」が変化したものとなっており、「します」は「しんす」、「しなさいます」は「しなんす」というように変化しました。

また、「わっち」は自分のことを指すときに用いられていました。

どこか普通の言葉遣いよりも“廓言葉”を用いた方が品があり艶っぽい印象を受けますよね。

花魁言葉は他にもたくさん

 

 

花魁言葉は他にもたくさん

 

 

“?原遊郭”で用いられていた言葉は時代によって増え、「江戸初期」、「江戸中期」、「江戸末期」というように分けられてよく説明されます。

今回は「江戸初期」、「江戸中期」、「江戸末期」に分けてご紹介します。

江戸初期

江戸初期はあまり聞いたことのない花魁言葉が多くあります。

  • 「ぬし」は「お客様」
  • 「ぞっとする」は「タイプのお客様を見つけた時」
  • 「しわ虫太郎」は「けちな客を指す」
  • 「油虫」は「お金が無く冷やかしだけのお客を指す」

江戸中期

江戸中期は自分以外を指す言葉が増えてきました。

  • 「しんござ」は「武士客を軽蔑する言葉」
  • 「おかさん」は「女将さん」
  • 「ごてさん」は「ご亭主さん」
  • 「主」は「自分の客」

江戸末期

江戸末期になってくるとなんとなく意味が分かるものが多くなります。

  • 「おいでなんし」は「いらっしゃいませ」
  • 「何とでもお言いなんし」は「何とでもおっしゃい」
  • 「あの人さん」は「名前がわからないお客様」
  • 「申しんした」は「申しました」

艶っぽく品のある花魁言葉から花魁を知る

花魁言葉はいかがでしたか。

豪華絢爛な世界にいる遊女達が使っていた花魁言葉ですが、普段の言葉遣いよりも艶めかしく品格があるように聞こえますよね。

しかし、その言葉が生れた背景には遊女たちの闇の部分も少し見え隠れしています。

もっと知られざる花魁の秘密が知りたい方はこちらもチェックしてみてはいかがでしょうか。

豪華絢爛は嘘だった!知られざる花魁の”本当”の歴史